包茎手術は泌尿器科でもできる?泌尿器科での手術はどうなのか?


どうも、俺の名はせいいちだ。包茎手術を受けたいけど、どこで受ければいいのかわからない方も多いと思うのだ。

股間の事情だから、ぱっと思いつくのは泌尿器科なのかなと思うのだ。そこで今回は泌尿器科での包茎手術について紹介するのだ。

泌尿器科での包茎手術とは?

泌尿器科では仮性包茎での手術は受けることができないのだ。

「真性包茎」「嵌頓包茎(カントン包茎)」による健康リスクを排除することが目的だからだ。

手術後の仕上がり具合を目立たなくすることを目的としているわけではないのである。

術式は環状切開術背面切開術という2つの術式となり、見た目のコンプレックスを解消するための手術には応じてくれないのである。なので、手術を受けた男性器にはツートンカラーと呼ばれる手術跡が残るのである。

泌尿器科での包茎手術の費用はいくら?

泌尿器科での包茎手術の費用は診察料や薬の処方料を含め、4万円前後となるのだ。「真性包茎」または「嵌頓包茎(カントン包茎)」は健康保険が適用される場合があり、治療費は3割負担になるのである。

ただし、病院によっては「包茎手術はすべて自由診療」にしているところもあるのだ。その場合は真性包茎でも費用が全額負担になるのである。

手術費用が安ければどこでもいい人は泌尿器科でも良いかもしれないが、見た目を目立たなくしたい人は美容医療クリニックなのだ。

人気クリニックについてはこちらだなのだ。

http://sanpla.jp/?p=40

まとめ

  • 仮性包茎の手術は受けられないし、手術跡が残るのである。
  • 費用は4万円前後で保険が適用される場合があるのだ。病院によっては保険が適用されないところもあるのだ。

見た目が目立たないようにしたいのであれば、泌尿器科はおすすめできないのである。安いというメリットはあるが、見た目を考えるなら美容医療クリニックでも無料カウンセリングを受けて比較したほうがよいのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA